今すぐ電話する

a:347 t:1 y:0

鮎会席 3日前までに要予約

画像の説明


漢字表記としては、香魚(独特の香気をもつことに由来)、年魚(一年で一生を終えることに由来)、銀口魚(泳いでいると口が銀色に光ることに由来)、渓鰮(渓流のイワシの意味)、細鱗魚(鱗が小さい)、国栖魚(奈良県の土着の人々・国栖が吉野川のアユを朝廷に献上したことに由来)、鰷魚(江戸時代の書物の「ハエ」の誤記)など様々な漢字表記がある。また、アイ、アア、シロイオ、チョウセンバヤ(久留米市)、アイナゴ(幼魚・南紀)、ハイカラ(幼魚)、氷魚(幼魚)など地方名、成長段階による呼び分け等によって様々な別名や地方名がある。
アユの語源は、秋の産卵期に川を下ることから「アユル」(落ちるの意)に由来するとの説や神前に供える食物であるというところから「饗(あえ)」に由来するとの説など諸説ある。
現在の「鮎」の字が当てられている由来は諸説あり、神功皇后がアユを釣って戦いの勝敗を占ったとする説、アユが一定の縄張りを独占する(占める)ところからつけられた字であるというものなど諸説ある。アユという意味での漢字の鮎は奈良時代ごろから使われていたが、当時の鮎はナマズを指しており、記紀を含め殆どがアユを年魚と表記している。(Wikipedia抜粋)



コース内容




  • ミニコース 3,780円 (本体価格 3,500円)
    • 口取り、茶碗蒸し、お造り、鮎塩焼き、煮物、留椀、香物、ご飯、デザート

  • 桔梗 kikyou  5,940円(本体価格 5,500円)
    • 口取り、茶碗蒸し、お造り、鮎塩焼き、揚げ物、煮物、留椀、香物、ご飯、デザート

  • 雲流 unryuu  8,640円(本体価格 8,000円)
    • 口取り、前菜、あゆ土瓶蒸し、お造り、お凌ぎ、鮎塩焼き、鮎天ぷら、煮物、酢の物、留椀、香物、鮎ご飯、デザート

  • 雪月花 setugekka 10,800円(本体価格 10,000円)
    • 食前酒、口取り、前菜、あゆ土瓶蒸し、鮎お造り、お凌ぎ、鮎塩焼き、鱧天ぷら、煮物、酢の物、留椀、香物、鮎ご飯、デザート





画像の説明







お飲物drink


画像の説明


飲み放題は充実の20種類以上からお選び頂けます
地酒、地焼酎など豊富に取り揃えております
また、飲み放題もございますのでお気軽にお問合せ下さい。


備考

  • 飲み放題は別途料金を頂きます
    誠に勝手ながら前日までにご予約下さい
    この他にもご予算に応じてご予約承ります
    お気軽にご相談下さい
    仕入れ等の都合によりお断りする場合がございます

  • 2次会のお店をお探しのお客様
    当店が責任を持ってご紹介させて頂きます
    お気軽にご相談下さい

  • コンパニオン付きのご宴会の料金はこちら

  • お座敷使用の場合サービス料別途頂ます、詳しくは店舗情報をご覧下さい

画像の説明